― レイヴン / Raven のチャレンジステージ ―
チャレンジモードの翻訳 > レイヴン / Raven のチャレンジステージ
原文:「あんな やつらと どうやって たたかうの!?」 「うむ、たしかに せいこうほうでは  むりかもしれんな。」
英訳:1
1 投稿者:shifu tanz (2017/3/30 9:51)
"How are we supposed to fight those guys over there!?"
"Hmm, perhaps a frontal attack is indeed impossible."
2 投稿者:Tosiaki (2017/4/7 15:01)
those guys over there→guys/things like that

frontal attackは「正面からの攻撃」ですね。
この「正攻法」は方向を示しているなら合っていますが、「そのまま攻撃する」という作戦的な意味なら、direct attackは適切です。
3 投稿者:Tosiaki (2017/5/22 5:14)
"Hmm, looks like there's no chance of winning here if we do it the fair way."
4 投稿者:Tosiaki (2017/5/22 5:15)
if we do it the fair way→if we fight fairly
5 投稿者:ハリー (2017/5/22 11:41)
広辞苑で正攻法を引くと、『奇計・謀略を用いず、正面から正々堂々と攻めるやり方』とあります。

こちら:http://thesaurus.weblio.jp/content/%E6%AD%A3%E6%94%BB%E6%B3%95 を見ると、
基本に忠実、セオリー通り、etc とあります。しかし、現在の?普通の戦闘では、
奇計・謀略などは当然、基本に忠実であり、セオリー通りだろうと思うので、
正攻法の意味と矛盾するため、これらは全然参考にならないです。

私は fair attack の意味を良く理解できていないので良く分かりませんが、
frontal attack が一番合ってるように思います。
6 投稿者:Tosiaki (2017/5/22 11:51)
frontal attackとは「正面の方向からの攻撃」だけであり、「正々堂々」や「正しいやり方」というような意味を含みません。そもそもこのステージには、レイヴンに包囲されるので「正面の方向」というような概念はないでしょう。このためfrontal attackは合っていません。

一方fight fairlyは「正々堂々に戦う」という意味です。
7 投稿者:ハリー (2017/5/22 12:40)
包囲されるから frontal attack ではない、というのはその通りかもしれません。
しかし正攻法は、互いに正面からの攻撃なのです。
このステージはそもそも正攻法には成り得ないですね、包囲されるので。
head on attack としても同じでしょうか?

もう1つだけ補足しますと、「正攻法」に「正しいやり方」という意味は無いと思います。
「正攻法では無理かもしれんな」という台詞は、「正攻法は正しいやり方ではないだろうな」と同義です。
8 投稿者:Tosiaki (2017/5/22 12:53)
あの類語辞典に「正しいやり方」と書いてありますが?

いずれにしてもここ
https://dictionary.goo.ne.jp/edc/5000149501/example/m0u/

When dealing with such a touchy subject, it's safer to use standard tactics.
と書いてありますからstandard tacticsでいいと思います。

"Hmm, looks like there's no chance of winning here if we do it with standard tactics.
9 投稿者:ハリー (2017/5/22 13:30)
まぁ実の所、fight fairly でも良いと思ってます。
本音を言うと英訳の方はお任せしたいのです(笑)

あの類語辞典、とは私が挙げたやつですね?
それは間違いが多いので全然参考にならないと書きました。

===================================
そして、ここから先は私の独り言だと思ってください。回答を求めていません。

standard tactics 翻訳機にかけると「標準的な戦術」と出ました。
じゃあ戦術における「標準」とは具体的に何なのか、誰がそれを定義したのか。
正攻法の「正々堂々」とは具体的にどういうことなのか。

戦闘では、自軍の被害を最小限にして相手の損害を最大限にすることを目指すべきで、
奇襲や奇計、謀略はすべて、標準的に採用されなければダメなんじゃないの?
という話です。

で、こんな事をあんまり深く拘りだすと、単なる言葉遊びになってしまいそうなので、
あまりやりたくない(笑) 
ですから、正攻法の「正々堂々」とは具体的には「正面からの攻撃」の事である
と考えることにして翻訳したら良いんじゃないかな、と思うのです。
10 投稿者:Tosiaki (2017/5/22 14:04)
実際の戦闘はそうだけど、これはゲームだから、敵が反撃できない場所に壁越しに攻撃するのはずるいと思うのは普通でしょう?この「ずるい」という感じはつまり「fairじゃない」と思います。
意味が変わる場合は和訳も添えて下さると助かります
・「>>数字」でその番号のコメントへリンクが貼れます
ID
内容