― ボーンスナイパー / Bone Sniper ―
モンスターの翻訳 > ボーンスナイパー / Bone Sniper
原文:じゅじゅつによって よみがえった がいこつの スナイパー。 いしきは もっていないが ゆみの うでまえは せいぜんの ぎのうを ひきついでいる。
英訳:
1 投稿者:Tosiaki (2017/3/9 8:46)
A skeleton sniper that was reanimated by the dark arts. They possess no consciousness, but they carry on the skills of archery that they had when they were alive.
2 投稿者:tamo (2017/3/11 9:55)
A skeleton sniper which returned from the grave by the dark magic.
It has no own will, but keeps the archery skill of its living term.
(闇の魔法によって、墓から蘇った骸骨のスナイパー。
 それは自分の意志を持たないが、生きていた頃の弓の技術を保持している。)

※「生前」が思いのほか難しいです。長くならないように考えましたが、間違ってるかも。
3 投稿者:ハリー (2017/3/11 11:45)
A skelton sniper re-energized by incantation.
It has no conciousness, but the bow skills it had in life-time are inherited.

呪術によって再活性化された骸骨のスナイパー。
意識は無いが、生前に持っていた弓の技能は引き継がれている。

revived が使えないんですね、使うと意識も命も取り戻したとなっちゃう。
4 投稿者:ハリー (2017/3/11 11:50)
間違いだらけですね。
skelton -> skeleton
conciousness -> consciousness
5 投稿者:ハリー (2017/3/13 16:27)
A skeleton sniper re-energized by incantation.
They have no consciousness, but the bow skills they had in life-time are inherited.

修正しました
6 投稿者:Tosiaki (2017/3/16 2:04)
A skeleton sniper re-energized by sorcerery.
They have no consciousness, but they inherit the bow skills they had while alive.
7 投稿者:ハリー (2017/3/17 14:40)
sorcerery はtypo? ゲーム用語? 辞書には無い。
けど、ここにはいろんな単語が来れるかな?
短いのが良いなら spells はどうだろう?

生前に は難しくて in life-time は苦し紛れだったから案の定、直された(笑)
でも while alive じゃ、生きていた間ずっと=生まれた時から死んだ時まで、になるでしょう。
思い切って変えた方がいいかも?
but the bow skills they had before are inherited.
but they inherited the bow skills they had before.
before 以降を省略してるから少し曖昧だけど、わかるっしょ。


8 投稿者:Tosiaki (2017/3/17 15:08)
それは自分のミス、sorcereryではなくsorceryです。
9 投稿者:Tosiaki (2017/3/17 15:13)
the bow skills they had before they diedならどうですか?
10 投稿者:ハリー (2017/3/17 16:45)
まじめに足さず引かずで翻訳すればそうなりますよね。
A skeleton sniper re-energized by (incantationsorceryspells).
They have no consciousness, but the bow skills they had before they died are inherited.
しかしこれは長すぎと感じます。ある程度は省略したい。
それで、before まで書けばちょうど良いかなという提案です。

あと、They have no (A) but (B) 、(A)は無いけど(B)はある、
という語順の方が読み手はより理解しやすいでしょうね、僅かな差ですが。
consciousness を conscious として文を作るとそこまでは短くなりますがその先が続かない。
その代わり(A)(B)をどちらも名詞にして読み手の理解を助ける。
パラレリズムですね、これもテクニカルライティングの話です。
11 投稿者:ハリー (2017/3/17 16:47)
あれ、1行目の()内は正規表現で書いたんですが変になりましたね。
(incantation or sorcery or spells)
意味が変わる場合は和訳も添えて下さると助かります
・「>>数字」でその番号のコメントへリンクが貼れます
ID
内容