― ソアラおうひ / Queen Soara の会話文の翻訳 ―
会話文の翻訳 > ソアラおうひ / Queen Soara

No.1No.1投稿数:2 管理人 (4/26 7:33)
原文:・・・。
英訳:...
No.2No.2投稿数:8 Tosiaki (4/26 10:58)
原文:げほっ、げほっ
・・・{user}さん、
わたしに どうじょうは むようです。
なぜなら、わたしは
まおうとうばつが せいこうしたら
ぼうけんしゃは つかいすてて
むすめだけを なおすつもり
だったのですから。

ラブレは あなたのからだも
なおすことを じょうけんに
たたかう やくそくを してくれたので
たてまえじょう、
どりょくしてみましたが
ごらんのありさまです。
この 12ねんかん、こえをふうじて、
むすめのためだけに
まりょくを ためてきたというのに!
でも もしかすると あのこは
さいしょから わたしのなかの やみを
みすかしていたのかもしれません。
ああ、ラブレ・・・
ラブレに あいたい・・・。
英訳:(Cough, cough)
... {user},
I have no need for sympathy.
The reason is, when the evil lord
has been successfully defeated,

I’ve been intending only
to restore my daughter
and care not at all for anyone else.
I put on a facade of emotions because
Lavre fought on the conditions
that I would also restore you as well,
but the end result of it all is
what you see now.

For these 12 years, I sealed my voice to,
to continue to amass my magical powers
for my daughter!
Despite it all, perhaps that child was
seeing through my darkness within
from the very beginning.
Oh, Lavre...
I wish to see you Lavre...