― ほんだな / Bookshelf の会話文の翻訳 ―
会話文の翻訳 > ほんだな / Bookshelf

No.1No.1投稿数:1 Tosiaki (3/17 3:13)
原文:「きんだんのまほうじん」


はるかむかし、
とある こうめいな サモナーが
アルメナンドに やってきた。
かれは ちかめいきゅうに
まかいと つながるゲートを つくり
まおうを しょうかんした。
かれは そのご ゆくえをくらまし、
まおうも オルバンスおうによって
ふういんされたが、
そのゲートは いまもなお
きょうりょくな ちからを おびていて
きんだんの まほうじんと よばれている。
英訳:
No.2No.2投稿数:1 Tosiaki (3/17 3:43)
原文:「ゆうしゃ オルバンス」


むかしむかし、
さんどのめしより けんかがすきな
オルバンスという ごうけつが いました。
しかし あまりにも つよすぎたせいで
そのうち けんかあいてが
いなくなって しまいました。
そんなあるひ、
ちじょうに まおうが こうりんし、
くにじゅうを しんかんさせました。
ひとびとが にげまどうなか、
オルバンスは つよいあいてに めぐりあえたと
とびはねて よろこびました。
しかし、しょせんは なまみの にんげん、
あっさりと まおうに かえりうちにされ、
ひんしのきずを おってしまいました。
そこへ、ことの なりゆきを みていた
てんしが まいおりてきて、
オルバンスに ふろうふしのみずを さずけました。
オルバンスは いきを ふきかえし、
ながいながい たたかいのすえ
ついに まおうを ふういんしたのでした。
その こうせきを たたえられ、
オルバンスは アルメナンドの
しょだい こくおうと なったのでした。
英訳:
No.3No.3投稿数:1 Tosiaki (3/17 4:21)
原文:「ゴッドドラゴン」


しょうかんに せいこうすれば
どんな けがや びょうきでも 1つだけ
なおしてくれるという でんせつのドラゴン。
だが かれを よびだすには
ぼうだいな せいめいエネルギーが
ひつようとなるため、
なまみの にんげんが
しょうかんすることは
ふかのうに ちかい。
はるかむかし、
たいりくでも 5ほんのゆびに はいる
いだいな サモナーが
いちどだけ ゴッドドラゴンを
よびだしたという
きろくが のこっているが、
サモナーは そのちょくごに
いのちを おとしたという。
英訳: